手術前にやる事、そして当日の制限や注意点などについて

緊急手術 費用負担はどれくらいかかるのか?|もしも身内が急に倒れたら…

MENU

麻酔科医師による診察

手術に不可欠な麻酔。部分的に麻酔をかけることもあれば全身に用いることもあり、それは手術内容によって変わってきます。手術においてはとても大事なポイントとなるため、手術前に麻酔科医師による診察を受ける必要があるのです。

 

麻酔科医師での診察では、全身の状態を知るための診察と問診をおこないます。診察は歯や開口具合、首がどれだけ動くか、心臓や肺の音などを調べ、問診でのスクリーニング検査の結果を元に、患者さんが受ける手術に関係した質問をしていきます。

 

手術では、執刀医だけでなくさまざまなスタッフが連携して執り行っていきます。麻酔科医もその一人であり、手術では重要なポジションを占めています。その診察時間はそう長いものではないので、質問や伝えておきたい事などは前もって準備しておきましょう。問診では、下記のようなことが聞かれます。

 

・手術以外に治療している病気
・これまでにかかったことがある病気
・服用している薬の種類と量
・アレルギーの有無
・これまで手術を受けたことがあるかどうか、もしも受けていた場合は合併症がおこったかどうか
・麻酔による体調不良の有無
・身内の筋肉や血液に関する病気歴

 

こうした情報はカルテやスクリーニング検査などでもわかっていますが、麻酔方法を考えたり治療方針を考慮するには大事な情報となりますので、きちんと答えるようしましょう。


手術当日の注意点

手術前には、基本的なスクリーニング検査だけでなく、手術や病気に関係する特殊な検査もおこなわれるものとなります。また、担当医や手術の執刀医だけでなく、麻酔科医による診察など…手術前には検査は確認事項がいっぱい。入念な下準備をしてから手術をおこなうのは、手術を成功させるだけでなく、術後の回復や健康も考えてのことなのです。

 

そうして向かえた手術当日。手術を円滑におこなうために、ある程度の制限が患者さんにお願いされます。その代表的なものが水分摂取や食事制限です。手術開始時間は異なりますので、それによって制限内容も変わってきます。特に小さいお子さんが手術を受ける場合は、母乳や牛乳、お茶、食事内容など…細かい時間制限が決められることとなります。これも、月齢や年齢で変わってきます。執刀医や担当医だけでなく、麻酔科医にも必ず確認するようにしましょう。

 

また、こうした手術当日の注意点や制限については、医師と患者さんの意識や受け取り方の違いによる差があらわれることもあります。例えば、「ご飯は食べさせないで下さい」と言っていたのにも関らず、「ご飯がダメならパンならいいでしょ」と勝手に解釈して食事する人もなかにはいるのです。小さい細かい事でも、医師に聞いてから実行するようにしましょう。こうした注意を勘違いした、または無視した場合は、その手術は延期ということにもなるのです。

 

そして、極度に緊張してしまう人は、事前に医師に相談するようにしましょう。緊張するあまり興奮してしまい、血圧が上がってしまった…なんてことになると、手術に影響してしまいできなくなることもあるのです。特に、心臓の手術では難しくなります。こうした緊張してしまう場合は、手術前に不安を抑えるための注射などを打ちますので、心配事がある場合はどんなに小さいことでも相談するようにしましょう。


関連ページ

手術後の注意点
いよいよ手術。 実際に受ける人には麻酔がかかっているので、気が付いたら終わっていた…なんてことも。 でも、麻酔が切れた後が大変。 手術後には体を回復させなくてはいけないのです。