手術して入院した場合、いくらぐらいのお金が必要となるのでしょうか

緊急手術 費用負担はどれくらいかかるのか?|もしも身内が急に倒れたら…

MENU

手術にかかる費用は数十万以上

手術費用は、病状や状態によってさまざま。ですから、緊急時の費用についてもピンからきりまであり、一概にいうことはできません。手術だけでなく、入院する事がほとんどですから、その費用も合わせてかかることになり…請求される金額は数十万以上となるでしょう。

 

こうした治療費には、会社で加入している健康保険組合による高額医療費の手続きで、その負担を軽減する事ができます。一般所得区分であれば、高額療養費申請の対象になるのが80,100円以上です。医療費3割負担分も超えてしまうので、ほとんどの人が申請可能。ですが、個室を利用した場合の差額ベット代や食事療養費などはその対象とはなりません。

 

もしも病院にソーシャルワーカーがいたら、相談してみるといいでしょう。最大限の制度を活用するべくいろいろと教えてくれるはずです。もしくは、窓口で詳しく聞くようにします。


民間保険の手術給付金

急な手術などにかかる費用を負担するべく、民間の医療保険がでています。種類もさまざまで、もしもの際にはとても助かる存在となります。医療保険の中にはさまざまな項目があるのですが、手術に関して注目すべきは「手術給付金」です。

 

手術給付金はどんな手術でももらえる…というわけではなく、給付対象となる手術が決められています。どの手術に適用されるかは、各種保険会社との契約書(約款)に記載されています。一般的には、この契約書に記載されている88項目型(約600種類)と、健康保険連動型(約1000種類)の手術が適用となっており、入院を伴わない手術でもその対象となっています。

 

ただし、保険会社の商品によっては入院を伴う手術といった条件をつけているところもあるので、加入前には必ずチェックしなければいけません。でないと、加入していたのに使えなかった…なんて事になりかねないのです。

 

ちなみに、手術給付金の対象外となる手術は、レーシックなどの視力回復を目的とした手術や美容整形上の手術といった、治療目的ではない手術、出産にまつわる正常分娩にともなう手術や先進医療に含まれる手術が代表的なものとなっています。これも保険会社によって異なるので、要確認事項です。また、支払い回数に制限がある場合もあるので、一緒に確認しておくといいでしょう。

 

そして、手術給付金の具体的な金額としては、入院給付金日額に手術の種類に応じた給付倍率を乗せたものもあれば、一律10万といった定額を決めているところとあります。給付倍率の例でいえば、もしも入院給付金5,000円で加入していて給付金倍率10倍の手術を受けたとしたら、「5,000円×10倍=50,000円」となります。どちらになるのかで支給金額も変わってきますので、これも確認しておくといいでしょう。保険商品は細分化されているので、隅々まで確認しておかないと、実際には使い物にならないこともあるのです。面倒ですが、気になる事はどんどん聞いて選ぶようにしましょう。


手術にかかる費用記事一覧

手術の結果次第では、...

手術することは、体に...

手術するとなると、術...